AdobeのAir と SunのJava

まいど、
もりぞーです。

Adobeのairってご存知でしょうか?

簡単に説明すると、
Flash記述言語であるActionScript+αを
ブラウザ以外にも多種OS上で実行できる!という
すばらしい環境・・・


って


なんか聞いたことがあるぞ!??!


そう、まさにJavaです。

Javaは異なるOS上で動作させるため、
JVMという仮想マシンを各OS上に置くことで、
マイクロコードが異なる環境やOSの違いを克服
しました。

( ´゚д゚`)

Adobe AirとSun Javaは何が違うんだろうか・・。

確かに違うといえば違うのだが、
方向性はほぼ同じ。
AirもFlashも仮想マシンのようなものです。
そのうち携帯もAirでとか言い出しそうですね。
その昔(そんな前でもないが)完全Javaの携帯
端末やインターネット端末を作ってた会社とか
ありましたね。もう聞きませんが。

SunはJavaのソリューションとハード売り
Adobeは開発環境のパッケージ売り

ビジネスモデルはまったく違うのですが、
Flex2がうまくいった(?)からAirだと思います
ので今後に期待します。

どうでもいいですが、FlashCS3重いです・・( ´Д⊂ヽ
もりぞー 18:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他
トラックバック

こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。

コメント
この記事へのコメントはありません。
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
最近の記事
Admageという名…
02/13 14:36
(続)2月から広告が…
02/13 12:15
(続)2月から広告が…
02/10 17:29
2月から広告が表示さ…
02/07 18:46
(続)Cent5.x…
01/31 14:59
(続)Cent5.x…
01/29 18:01
Cent5.xでGl…
01/29 17:19
勉強会
08/13 18:44
Class A
07/29 20:50
8.8.8.8
06/25 15:19
マイナーな技術
06/25 14:36
工数見積
06/20 14:06
次世代機のCPU
06/19 13:04
Surface Pr…
06/17 09:44
Nexus10(続き…
06/17 09:33
最近のコメント
最近のトラックバック
Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー

ディマージシェア技術ブログ