工数見積

よく見積の精度が問題になったりします。
ウチくらいの会社の案件だとそもそも、
見積するひとが全行程及び開発をイメージ出来れば、
そんなトンデモ見積なんてものは出るわけがありません。
営業がサイコロふったり、
わからん人が定量的な見積を作ったりすると、
問題が起きやすいです。

大企業ならともかく、
70人規模の会社の案件なんてものは、
ちゃんとチェックすれば問題は起きづらいものです。
多少手間がかかっても、
ある程度全体をみることができるエンジニアを
見積のレビューに入れることは重要です。
というかヤレ!
もりぞー 14:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他
トラックバック

こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。

コメント
この記事へのコメントはありません。
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
最近の記事
Admageという名…
02/13 14:36
(続)2月から広告が…
02/13 12:15
(続)2月から広告が…
02/10 17:29
2月から広告が表示さ…
02/07 18:46
(続)Cent5.x…
01/31 14:59
(続)Cent5.x…
01/29 18:01
Cent5.xでGl…
01/29 17:19
勉強会
08/13 18:44
Class A
07/29 20:50
8.8.8.8
06/25 15:19
マイナーな技術
06/25 14:36
工数見積
06/20 14:06
次世代機のCPU
06/19 13:04
Surface Pr…
06/17 09:44
Nexus10(続き…
06/17 09:33
最近のコメント
最近のトラックバック
Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー

ディマージシェア技術ブログ