仮想化技術について

今日社内にて仮想化技術についてどうですか?
という内容の質問を受けました。

これといって興味がない分野でもないのですが、
どうも使い道がなくて手つかずだったりします。

1、仮想化技術の必要性
雑誌やら各種ベンダーやらが仮想化と騒いでいるが
実際どこが何の目的で使うのか正直わからない。
たとえば社内のサーバーが100台あるとして、
これをまとめて5台にしたいとしたとき、
仮想化技術は有効な手段かもしれないが、
それが現実的かというと別の話である。
いくらプロセッサのコアが増えたりIOが速くなった
としたとしても、100台を5台でまかなえるかなんて
ことはシステム管理者であれば一目瞭然。

2、コスト
VmWareやXenなどがあるが、
有償の場合にはコストが高すぎる。
DellでVmwareとのセットが売っているが
とても売れてるとは思えない。

3、もし使うのならば?
開発会社では顧客ごとの開発環境をしばしば作成
するが、その環境を1台のサーバーで複数保持できる
とあらば大変助かる。
Xenの対応OSが増えてきたら一度はやってみたいと
思う。
ぺんぎん
もりぞー 18:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他
トラックバック

こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。

コメント
この記事へのコメントはありません。
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
最近の記事
Admageという名…
02/13 14:36
(続)2月から広告が…
02/13 12:15
(続)2月から広告が…
02/10 17:29
2月から広告が表示さ…
02/07 18:46
(続)Cent5.x…
01/31 14:59
(続)Cent5.x…
01/29 18:01
Cent5.xでGl…
01/29 17:19
勉強会
08/13 18:44
Class A
07/29 20:50
8.8.8.8
06/25 15:19
マイナーな技術
06/25 14:36
工数見積
06/20 14:06
次世代機のCPU
06/19 13:04
Surface Pr…
06/17 09:44
Nexus10(続き…
06/17 09:33
最近のコメント
最近のトラックバック
Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー

ディマージシェア技術ブログ